ドテラのカーオーディオ日記
FC2ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

comments: deny  trackback: deny
って事で、スピーカーについてです♪


基本的には自分の好みの音がするスピーカーを選択します。
他人が好きなスピーカーを言われるがまま付けても楽しくないですしね~^^;;;
せっかくお金をかけるんですから、しっかり自分の基準で選びたいです♪


で、ここではスピーカー選びのお手伝いってことで、裏事情も交え書いちゃいます。


【まずは出来るかぎり出費を抑えたいって方。】

量販店ですと~7万円までのスピーカーが沢山聴けます♪
こちらを参考に色々試聴して自分にあったスピーカーを探してみてください。

で、目星をつける時に一つだけ条件を付けさせてください。


”トレードインタイプであるかどうか”


です。

純正システムの内蔵アンプは非常に非力です。
これはオプションで社外ナビを付けてたとしても同じことです。
トレードインタイプは純正の非力な機器でもちゃんと仕事ができるような作りになってますが、そうでないスピーカーはある程度アンプに能力を要求します。
しかり鳴らない環境でめっちゃ良いスピーカー鳴らすよりも、しっかり鳴ってる安価なスピーカーのほうが音は良いです♪


で、ここでちょっとだけ裏事情♪

これはどんな物でもそうだと思いますが、実は製品ラインナップの中で一番高いものってメーカーさんはあまり儲からないんです^^;
メーカーの音やレベルを象徴するフラッグシップモデルですので、出来る限り手は抜けません。
ですが理想をどんどんぶち込んじゃったんで、儲けようとするととんでも無い金額設定になっちゃうんです^^;
で、現実的な価格設定をしなきゃってことになるんですが、そこはフラッグシップ・・・譲れない部分も多く結果メーカーが泣く形になるんです。
ま、その製品が評価されれば効果的な宣伝って解釈もできますので、そのあたりを狙ってるのかもしれませんね~

で、じゃあどこで回収するのか!
ズバリ!エントリーモデルです!

3万円程度までが回収対象のモデルって言っちゃっても良いです。
一番安価なモデルから順に3万円台順に回収率が下がるって感じかな~
ひょっとすると一番下のモデルは回収率は低いかも。
この辺りはメーカーの人じゃないんでよくわかんないです^^;

で、何が言いたいかと言うと、出来れば3万円の予算を組んで、出来る限り3万円に近いスピーカーを選択することで、お得な買い物ができそうってことです^^
勿論金額で音が決まるわけではありませんし、選択は好みが第一優先ですので参考程度ってことになります。


でも、注目したいのは5万~7万クラスのスピーカー。
トレードインタイプってのは少なくなってきますが、選択肢がないわけではないですし、トレードインタイプでなくても鳴らせるスピーカーも存在します。

この価格帯って、普通の価値観の人って買いませんよね^^;
たぶん普通の人は3万円で限界って感じると思います。
でも、あえてそれ以上の価格帯を薦めるには訳があります。


普通の人は買わないってことは、音にうるさい人しか買わないってこととも取れますよね~^^
実際その通りで、普通の人が普通に利用する量販店等では、扱う数はぐんと少なくなります。

って事は、普通に人はあまり体験できないような音がそこにあるってことです♪
実際メーカーさんもそんな事情を加味し、この価格帯辺りから音に拘って作ってます。
言い方を変えればフラッグシップモデルの流れを色濃く反映してるスピーカーはこの価格帯までってことです。


これはね~かなりお得ですよ~♪

勿論これは単なる裏事情ですので、スピーカーを選択する際の判断基準ではありません。
ですが、この辺りまで予算を拡張出来れば選択肢も広がりますし、費用対効果って部分も最大になるんではないかと思います♪
スポンサーサイト

Post comment

  • 名前:
  • タイトル:
  • メール:
  • URL:

  • パスワード:

  • :管理人者のみに表示を許可します

Trackback

トラックバックURL:
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

ドテラポット

Author:ドテラポット
mixi「カーオーディオ何でも相談室」管理人のドテラポットです。

基本バカですので、記事も参考程度として下さいね^^;
それと誤字脱字はドテラのトレードマークみたいなものですのでお気になさらず脳内変換してお楽しみ下さい♪

フリーエリア

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。