ドテラのカーオーディオ日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

comments: deny  trackback: deny
と言うことで、どうしましょ・・・
問題山積の状態でここまで来ちゃいました^^;;;


でも、これでスピーカーから発せられる再生音を蝕むことが無くなりましたので、再生音はクリアーかつ元気になりました。
それと同時に「あなたに敵意はありませんよ!あなたのすべてを受け入れますよ!って感じの交渉役。」が準備出来ました。
これで、おめおめと入り込んでくる振動エネルギーに罠を仕掛けてやっつけます!




既に臨戦態勢かと思いますが、本格的にデッドニングに入る前に奴らのエネルギーをこっそり奪っちゃいます!



ここではバッフルに一役買ってもらいます。
⑩で(後記)と書いた部分です。

先に書いたようにバッフルの素材は硬いほうが良いです。
それもちょっとの差が音に出ますので、触って硬いとか柔らかいってレベルじゃなく硬度が硬い方って感じです。
ですが硬い素材は内部損失が低い場合が多く、初級編でも書いたように響きがいつまでも残っちゃうと調子が悪いんです。
柔らかい素材は内部損失が高い場合が多く、バッフルに使用するとエネルギーが通過する際にその力を弱めてくれます。
って事は、振動エネルギーがドアに入る前に、ちょっとだけやっつけられるって事です!



これなんとな使えませんかね~・・・・・・・・・・

でも、素材は硬くないとスピーカーの音食われちゃいますよね~。。。
どうしましょ。。。。。。。。。。。。。



って事で、ここはちょっとだけ妥協しましょう!
妥協するんですから、その効果は最大を狙いたいですよね♪
なので固有振動数の差によるキャンセリングを利用しちゃいます♪




固有振動数ってのは、その物が持つ固有の振動って事なんですが、平たく言えば叩いた時にでる音の周波数ってことです。
これが素材や形などでそれぞれ違ったりするんです。
で、異なる固有振動数の物をくっつけちゃうと、互いに振動を打ち消し合う効果があります。



この効果をバッフルに組み込んじゃいます♪



例えば鉄と木材を組合せてバッフルを作っちゃう感じです。
鉄の固有振動数と木の固有振動数は違いますので、お互いが打ち消し合います。
すると、バッフルを通りおめおめやってきた振動エネルギーは、知らぬ間に消費させられます。
しかも素材に内部損失の高い木を使ってますので、そこでも消費させられちゃいます^^





あれ?
なんか一個得した気がしません?




そうそう♪
組み合わせるバッフル素材に、内部損失の高い”木”を入れることで、固有振動差によるキャンセリングと、内部損失の高い素材を使用することで二重のトラップとなるんです♪

勿論バッフルに”硬さ”は重要なファクターですので、気を使用するにも出来る限り硬いバーチ合板やアピトン合板等を使用するのが前提です。

スピーカーに近い部分ですので、バッフルの音色も乗りやすいです。
正確にはバッフルの音色がスピーカーから発せられる音色に影響するってことです。
なので、組合せである程度調音が可能な部分でもありますので、好きな組合せ、使用中のスピーカーに合った組合せを探るのも面白いです♪




あれ?



そう言えば妥協したはずだったんですが・・・

妥協した素材の木製バッフルは、内部損失の高さでエネルギーを小さくするだけでなく、バッフル自体の共振を止めちゃいますし、硬さに関しても最低限の硬度は保ってますので、音色がちょっと優しくなったって程度です。

これじゃ逆に得しちゃってますね^^;
まっいっか♪

スポンサーサイト

Post comment

  • 名前:
  • タイトル:
  • メール:
  • URL:

  • パスワード:

  • :管理人者のみに表示を許可します

Trackback

トラックバックURL:
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

ドテラポット

Author:ドテラポット
mixi「カーオーディオ何でも相談室」管理人のドテラポットです。

基本バカですので、記事も参考程度として下さいね^^;
それと誤字脱字はドテラのトレードマークみたいなものですのでお気になさらず脳内変換してお楽しみ下さい♪

フリーエリア

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。