ドテラのカーオーディオ日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

comments: deny  trackback: deny
エネルギー伝達の経路がわかったところで、もう少し掘り下げて素性を探ってゆきます。


実は振動のエネルギーって、他のものに伝達するのが非常に苦手です。
中級編にはいって初めての朗報です♪


中でも空気に伝達するのって非常に苦手なんです!
これを上手く利用できれば、うまくエネルギーを殺し色々な悪さを最小限に留められます!





って事で、考察してみます。

振動エネルギーは先にも書いたように、空気に伝わるのが苦手なんですが、よく考えてみるとそれはスピーカー本来の仕事ですので、出来る限り空気に伝わるような工夫がされています。
それでもやっぱり苦手なものは苦手なわけで、取付けにも最新の注意が必要になってくるわけです。

中でもスピーカーコーンに対しての質量を上げることで、音に変換する際のロスを最小限に留められますので、スピーカーの固定やバッフルの固定は強固にします。
固定が甘いとその部分にエネルギーが食われてしまい、変換効率が著しく損なわれます。
損なわれるエネルギーは、音楽の美味しい部分であり、オーディオ機器がめっちゃ頑張ってる部分ですので、これを失うことは鮮度や情報量等が著しく低下してしまうことに他なりません。




・・・
あれ???




これじゃ、やってることが間逆ですよね。。。
取付けを甘くすればエネルギーがドアに伝わる度合いを減らせますが、それをやっちゃうと再生音にも悪影響が出ちゃいます。。。



これは困った。。。



そうなんです。
実はドア作りって矛盾との戦いでもあるんです。

で、ここで思い出して欲しいのが、中級編の最初に書いた事。

・あなたに敵意はありませんよ!あなたのすべてを受け入れますよ!って感じの交渉役。
・どうぞこちらへ、そしてあちらが出口ですって案内役。
・それでも出てしまう被害の処理班。

って作戦がベストだと思います。

スピーカーからのエネルギーは拒まず受け入れますよ♪
でも、被害を大きくしないために改めて用意したところを通ってってね♪
そしていつまでも留まらないように出口も用意したので、そちらからさっさと出てってね♪
で、最小限の被害にとどまった後処理をささっとしちゃいましょ♪

ッて感じです^^
スポンサーサイト

Post comment

  • 名前:
  • タイトル:
  • メール:
  • URL:

  • パスワード:

  • :管理人者のみに表示を許可します

Trackback

トラックバックURL:
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

ドテラポット

Author:ドテラポット
mixi「カーオーディオ何でも相談室」管理人のドテラポットです。

基本バカですので、記事も参考程度として下さいね^^;
それと誤字脱字はドテラのトレードマークみたいなものですのでお気になさらず脳内変換してお楽しみ下さい♪

フリーエリア

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。