ドテラのカーオーディオ日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

comments: deny  trackback: deny
初級編では主に基本的な部分を知り、キットを使用してのデッドニングって事で書きました。
中級編ではデッドニングって物をもう一度見つめなおし、今までとはちょっと違った理解と考え方ができるような提案ができればと思います♪


デッドニングだけでなくオーディオ全般に言えることなんですが、踏み込めば踏み込んだほど、色々な考え方や手法がありますので、自身がこれまで培ってきたノウハウがある場合はそちらを優先して頂いて、こちらの記事は参考程度って感じで全然オケです。




って事で、初級編とは一味違う!?中級編です。

初級編ではややこしくなっちゃうので、デッドニングに的を絞りましたが、本来デッドニングってスピーカーエンクロージャーを作る上でのほんの一部の過程でしかないと思います。
ここからはドア全体を作る過程でのデドニングの位置づけって感じで進めます。



まずはデッドニングの無力さについて。


なんて、身も蓋もない事言っちゃっいます^^;
でも敵を知らないと戦いようがないですので、どんな強大な敵を相手にしてるのかを知る必要があり、いかにそれが無謀な戦いであるのかを思い知る必要があります。

相手にするのは”定在波”って、まるでサタンのような存在。
その力ははかり知れず、あの全てを飲み込む「津波」も定在波が起因してます。
定在波を利用すれば本来の力の数十倍を得ることが簡単に出来ます。

【実験】
風呂に入った時に、湯船に浸かった状態で良いので、水中で手のひらで水をかくように上下に振ってみてください。
色々なタイミングで振ってると水が大きく揺れ始め、それは次第に大きくなり最終的には風呂桶をひっくり返すかの如く大きな揺れとなります。




これが定在波です。



小さな力でも、ある一定の条件さえ揃えば、その力を何倍にも増幅出来るのが定在波の力です。
敵はこんな強靭な力を持つ定在波ですので、まともに戦っては負けは見えてます。。。
何百枚デッドニングシート貼ろうと小指一発で蹴散らされます^^;


じゃ、どう戦うの?



って、事になりますが、勝てないなら取り行って被害を最小限にとどめ、あとは何処か他所に行っていただきましょ♪
で、最小限の被害分だけをデッドニングで処理しちゃいましょ^^

ですが、これにはデッドニングの力だけでは実現できません。。。
・あなたに敵意はありませんよ!あなたのすべてを受け入れますよ!って感じの交渉役。
・どうぞこちらへ、そしてあちらが出口ですって案内役。
・それでも出てしまう被害の処理班。

すべてが上手く機能しない限り、定在波さんは機嫌を損ね大暴れします。


中級編以降は、こんなことを念頭にデッドニングを進めてゆきます。

スポンサーサイト

Post comment

  • 名前:
  • タイトル:
  • メール:
  • URL:

  • パスワード:

  • :管理人者のみに表示を許可します

Trackback

トラックバックURL:
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

ドテラポット

Author:ドテラポット
mixi「カーオーディオ何でも相談室」管理人のドテラポットです。

基本バカですので、記事も参考程度として下さいね^^;
それと誤字脱字はドテラのトレードマークみたいなものですのでお気になさらず脳内変換してお楽しみ下さい♪

フリーエリア

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。