ドテラのカーオーディオ日記
FC2ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

comments: deny  trackback: deny
次は、デッキから出てくるもうひとつの信号。

各機器の役割と音声信号 その2」で出てきた②RCA端子から出力される、レベルの低い信号です。

って事で【②の場合】です。

この信号は、パワーアンプ内蔵の機種でも、パワーアンプを通る前に信号を出力しちゃいます。
この出力はアナログの場合RCA端子から出力されます。
ボリュームやトーン、機種によってはプロセッサも通ったあとの信号ですが、パワーアンプを通っていない微細な信号です。
このままスピーカーにつないでも音になるようなレベルではないので、RCA経由でパワーアンプを接続する必要があります。

①との大きな違いは、パワーアンプを通っていないことです。

このような出力が用意されているのは、システムの高音質化のために外付けパワーアンプが使えるよう、拡張性を持たせてあるからです。
一部ナビや純正デッキ等では、このような出力がない為、拡張性は無いと言えます。
どうしても使用したい場合は、スピーカーレベルまで増幅された信号を、再度RCAレベルの微細な信号まで落とさなければなりません。
HI-Loコンバータ等や、プロセッサ、パワーアンプにその機能が内蔵されたものがありますので、そちらを利用すればパワーアンプの追加は可能となります。


RCA出力時の接続





パワーアンプ以降は①の時と同様です。
デッキからの出力がRCAレベルの小さな信号の為、外付けのパワーアンプは必要になること。
逆に言えば、①の場合はパワーアンプが追加できないって事になりますよね^^

システムアップ時のことを考えると、最低限RCA出力(全帯域)出来る機種を選ぶことで、買い替えのリスクは減らせそうです♪
スポンサーサイト

Post comment

  • 名前:
  • タイトル:
  • メール:
  • URL:

  • パスワード:

  • :管理人者のみに表示を許可します

Trackback

トラックバックURL:
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

ドテラポット

Author:ドテラポット
mixi「カーオーディオ何でも相談室」管理人のドテラポットです。

基本バカですので、記事も参考程度として下さいね^^;
それと誤字脱字はドテラのトレードマークみたいなものですのでお気になさらず脳内変換してお楽しみ下さい♪

フリーエリア

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。