ドテラのカーオーディオ日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

comments: deny  trackback: deny
前回の記事では

CD(光で読み取れる信号)をヘッドユニットに挿入し→
レーザーを当てて信号を読み取り→
電気信号(デジタル)に変換し→
プロセッサやプリアンプを通過し→
アナログ変換される。


と、信号がデッキが出られる寸前まで書きましたね^^


今回はヘッドから信号が出るところまでを書きますね^^

今まで何でこんなどうでも良いような細かいところまで書いたのかというと、ここからの内容を分かりやすくするためなんです。






って事で本題!
実はヘッドを出るときの信号って二種類存在するんです。

①ヘッド内蔵のパワーアンプを通過した、レベルの高い信号。
②RCA端子から出力される、レベルの低い信号。


この二つの信号は、この後にあるシステムにより使い分けることとなりますので、それぞれ分けて説明してゆきます。


【①の場合】
この信号は既に、ボリュームや音の加工も終わり、ヘッドに内蔵されているパワーアンプで信号自体も大きくなっているので、後はスピーカーを繋ぐだけで音が出ます。


ここで問題になるのが、スピーカーユニット。
現行では2wayとか3wayって感じのマルチウェイスピーカーが主流です。

これは高域用のツイーター、中域用のスコーカー、低域用のウーファーって感じで、それぞれ得意な周波数を持つユニットに分担して音を鳴らしましょうってシステムです。

しかしこれを実現するには、高域用ツイーターには高域のみの信号を、中域には中域信号、低域には低域信号をそれぞれ送ってあげなければなりません。
でもヘッドから出てくる信号は、高域から低域まで全てごちゃまぜの信号です。


じゃあどうするの???


って事で登場するのが、パッシブネットワーク
スピーカーを購入すると付いてくる、小さな箱がそれです^^


p_1.jpg


これは全帯域ごちゃまぜの信号を、任意の周波数(回路を組むときに確定します)で出力することが出来ます。
要はツイーター用は高域のみ、スコーカー用は中域のみ、ウーファーは低域のみって感じの信号に分けてくれます。


パッシブネットワーク

これにより小さなツイーターに、低域のような大きなエネルギーを持った信号が入ることもありませんし、それぞれ得意分野の周波数帯のみを受け持てば良くなりますので、スピーカーの負担も減りよりクリアーで、ワイドレンジな音になります。



と、ここでやっとヘッドから信号が出るところまでお話できましたねー^^
って言うか、ヘッドってどんだけいっぱい仕事してるんでしょうね。。。


次回はヘッドから出る、もう一つの信号について。
スポンサーサイト

Post comment

  • 名前:
  • タイトル:
  • メール:
  • URL:

  • パスワード:

  • :管理人者のみに表示を許可します

Trackback

トラックバックURL:
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

ドテラポット

Author:ドテラポット
mixi「カーオーディオ何でも相談室」管理人のドテラポットです。

基本バカですので、記事も参考程度として下さいね^^;
それと誤字脱字はドテラのトレードマークみたいなものですのでお気になさらず脳内変換してお楽しみ下さい♪

フリーエリア

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。