ドテラのカーオーディオ日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

comments: deny  trackback: deny
■ハイレゾの種類について。

先にも書きましたが、ハイレゾってCDよりも音が良いものすべてを指します。
正確にはCDよりも情報量が多いデータってことになりますよね。

アナログ音源データをデジタルに変換する方式は、大きく2つあります。
リニアPCMとDSDです。

リニアPCM方式とは、音楽CD(CD-DA)のように非圧縮が基本です。
詳しく知りたいって方は”リニアPCM”に関して調べていただければと思いますが、さらっと知っとくだけなら「~」な感じのアナログ波形を賽の目に切り刻み、縦にぶった切るのがサンプリングレート(○○kHz)で、1秒間に切り刻む数が決まり、横にぶった切るのがビット数(○○bit)で波形の大きさを刻みます。
これが細かくなるほど細かい表現ができたり、音がより自然な形で再現されます。
ハイレゾで高域の記録の上限が増える理由は、サンプリングレートの半分が高域の上限となるため、CDの場合は44.1kHzなので22kHz程度が限界に対し、例えば192kHzのハイレゾでは96kHzが高域の上限となるためです。


DSD方式も非圧縮が基本です。
リニアPCMと違ってサンプリングレートは桁違いに高いんだけど、ビット数が1ビットしか無い・・・
じゃあどうやって波形の大きさを表現できるのかというと、音の大きさを音量ではなく音圧として捉え、それをサンプリングレートを異常に細かくすることで記録してるってことみたいです。
正直ドテラもイメージが湧きません^^;
”1”か”0”しか無いので、デジタルアンプみたいなパルス増幅って感じです。
サンプリングレートが異様に高いですので、高域の上限もかなり高いです。




現在のところDSDの方が、より自然な音を再現できるようで、より高音質なのはDSDって方も多いです。
データサイズも比較的小さくすむようですし、音質としても良いんですが、DSDの場合データの加工が難しく、レコーディングの段階で結構厄介だそうです。
カーオーディオの場合、プロセッサで音を加工しますが、この段階でも問題になってきます。
この辺りが今後このフォーマットの課題になってきそうですね。



実はハイレゾにはもう一つ種類があります。
これを別にカテゴライズするべきかどうかはわかりませんが、便宜上ここでは分けることにします。

よりハイクオリティーな音を聴きたいってニーズに答えるためのハイレゾですので、当然非圧縮音源が基本となるように思いますが、先に書いたように、圧縮音源には可逆圧縮って方式があり、理論上は圧縮する前の状態に戻せるって方式です。
実はこの方式にもCD音源を超えるデータで記録されたものがあり、ドテラはこれをハイレゾと呼ぶべきなのか、ハイレゾ音質って濁すのかよくわかってないです^^;;;



次は、ハイレゾにまつわる問題。
スポンサーサイト
■音楽データの色々。

音楽データには実はCD以外にも先輩が居ます。

わかりやすい所で言うと、MDに使われてたデータ形式。
2倍とか4倍沢山入れられるとかってありましたよね^^

いわゆる圧縮データです。


圧縮データには不可逆圧縮と可逆圧縮に分けられ、可逆圧縮は理論上では圧縮しても元に戻せるって便利なファイルですので、非可逆圧縮よりも音が良いとされてます。
ですが、圧縮率は非可逆圧縮に比べ小さいです。
他には圧縮してない基本CDと同等程度の非圧縮があります。

圧縮の方法としては色いろあるんですが、簡単に言うと目立たない音を削ちゃってるんです。
例えば超~低域とか、超~高域とか、人が敏感に感じない音を削っちゃってるんです。
他にも他よりも極端に小さい音は無いものとしちゃったりって感じで、圧縮率が高いほどじゃんじゃん情報を削っちゃってます。
要は音が良くないってことです・・・



ちょっと問題だなーって思うことがあります。
最近ではスマホなどで手軽にダウンロードして音楽を楽しんでる方が多いと思いますが、そのほとんどの方がダウンロードしたデータが圧縮音源であることに気づいてないんです。。。
勿論そんなの気にしないよ~って方は全く問題ないんですが、音質を気にしてる方でも意外と気にしてない・・・

音楽CDをリッピングする際も、設定変更しないと圧縮データに変換されちゃってるんですが、これも気にしてないって人が多い。
サイズを気にしないのであれば非圧縮って選択もできますし、先に書いた可逆圧縮ファイルに変換って方法もあるので、気にしてない方はぜひ是非設定の変更をしてみてください。


次はハイレゾの種類について。
最近ちょいちょい耳にする「ハイレゾ」って言葉。。。
高いアンテナ張ってる方は、もう周知のことかもしれませんが、意外にちゃんと知らない人も多いはず・・・
ドテラもその口です^^;

という訳で、ドテラも勉強しながらこの記事を書いてみようと思います。
なんとなく知ったかモードに入ってる方や、言葉だけは知ってるんだけどって方は一緒にお勉強しましょ♪


■ハイレゾとは・・・


ウィキさんによると、ハイレゾってのは・・・
ハイレゾリューションオーディオ (High-Resolution Audio)は、音楽用CD(CD-DA)を超える音質の音楽データの総称。


って事らしいです。
総称ってなってるのは、色々な形式のデータが存在するので総称となってるんですが、これがまたハイレゾをややこしくしてる原因でもあり、この分野の機器が普及しない原因の一つでもあります。
この辺りはまたあとで書きます。

要は、これまでのCDよりもチョ~音質が良い音楽データってことです♪



ここで気づいていただきたいのは”データ”って言葉が出てきたってこと。
今まではレコードだったりカセットテープだったりCDだったりって感じで、何らかのメディアが存在しました。
ですがハイレゾには現在のところ決まったメディア(データを入れる器)がない。
今まではそれぞれ再生するプレイヤーさえあれば、後は音楽のは入ったメディアさえ買ってくれば音楽を聴けましたが、ハイレゾにはそのメディアが無いですので、音楽を聴きたかったらまずデータをダウンロードしなきゃなんないです。
で、SDなどのメモリーやHDD等自分の好きな器に入れて再生するって感じです。

スマホなり、PCなりネットに繋がった端末が必須となってきます。


次は音楽データの色々です。

これね~めっちゃ多いです。。。
ってか、ほとんどの人がハマっちゃってるんじゃないかな~
怖いのがDIYユーザーだけでなく、プロでもいるんじゃないかな~。


って事で、この大きな落とし穴について書いちゃいます。


と、偉そうな事言ってるドテラではありますが、ドテラも最近気づき始めたところでして^^;;;
いやね、なんとな~くは感じてたんですよ、、、DIY特有の音っていうか何というか。
ドテラ号もそんな音がしてまして、なんだかなーって感じ。


経験無いですか?
ショップで施工したちょっとしたシステムよりも自分の車の音の方が・・・???と感じたこと。。。

ドテラは何十回と経験してます^^;;;
まぁ、その度に奮起して頑張ってきたって一面もあるんですが、これってヤバイですよね^^;;;




これね、ベクトルなんです。




先日書いた記事にもちょっと書きましたね。
ベクトル(方向性)が違う物を寄せ集めても、単純に足し算的に良くはならないんです。
相性とかとはまたちょっと違うというか、もっと繊細な部分だと思います。

目指す所はみんな同じなんですよ、結局。
でも、ゴールは一つであったとしても、行き着くためのルートは無数にあり、そのルートに見合ったものじゃないと役に立たないどころか、足かせにもなってしまったりします。

例えば山の頂上を目指すとします。
頂上へのルートは、岩肌そびえ立つ断崖絶壁のルートだったり、風雪厳しい極寒ルートだったり、猛獣うようよ居るジャングルルートだったり色々なルートが有ります。


で、


私達はどのルートを通るってるのかを知らないまま突き進んじゃってると・・・
自分は断崖ルートを通ってるにもかかわらず、他の人からの情報やネットでの情報で”-50度でも生き抜ける防寒着”とかを、高いお金を払って買っちゃってるわけですよ・・・で、なんだか暑いし動き辛いな~って^^;

これじゃあ、何時まで経っても頂上にはたどり着けないですよね^^;;;



100点のものばかりを集めたとしても、100点+100点+100点+・・・とはならず、100点と100点と100点と・・・って感じ。
それどころか100点のつもりが-800点になっちゃってる可能性だって十分あります。
例え30点であっても足し算的に良くなれば、30点+30点+30点+30点=120点って感じで必ず結果は出ます。

ドテラもそうですが、心当たりがある人は多いんじゃないでしょうか?

これは機材選びだけに限らず、インストールだったり、趣向であったり、調整であったりと、色々な要素が絡みます。




じゃあどうすりゃいいんだ!って話ですよね~。。。






ドテラもわかりません^^;;;;;;;;;;;;;;;;;






でも、最低限そんなことを意識するだけで全然違うと思いますし、色々やってれば自分がどのルートで頂上目指すのかってことも見えてくるんではないかと思ってます。
それにはまず、奇をてらったような事はせず、普通のことを普通にやるってのが案外近道なんではないかと思います。

それと、音って何をやっても変化はありますので、その変化が良い変化なのか、悪い変化なのかって部分をしっかり見極める必要がありそうです。
いろいろな音を沢山聴いて、自身の感性を磨くと音の善し悪しってのが客観的にわかるようになるんだと思います。


正直この辺りのスキルって、一長一短では手に入らないと思いますので、そういったスキルを持ってる信頼できるお店を見つけるってのも良い手段ですよね^^
茨の道ですが悶絶しながら自力で進むも良し、スキルが必要な部分は任せてやれることで楽しむのも良し。


ま、趣味のお話なんで、楽しくやれる方を選択するのが良いですよね♪
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

ドテラポット

Author:ドテラポット
mixi「カーオーディオ何でも相談室」管理人のドテラポットです。

基本バカですので、記事も参考程度として下さいね^^;
それと誤字脱字はドテラのトレードマークみたいなものですのでお気になさらず脳内変換してお楽しみ下さい♪

フリーエリア

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。