ドテラのカーオーディオ日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

comments: deny  trackback: deny
初歩のカーオーディオでも、同じタイトルでブログをあげていますが、こちらではオーディオとガッツり向き合う人のための調整方法をご紹介しますね^^


初歩のカーオーディオでは、TAは万能な調整機能として紹介しましたが、こちらでは本来の使い方を軸に書いてゆきますので、あちらで書いたことは一旦全て忘れてください。気軽にカーオーディオと付き合いた行って方は、こちらの記事は見ないほうが迷わなくて済みます♪
逆にガッツリ付き合いた行って方は、こちらだけでなく初歩のカーオーディオでの記事も、是非とも参考にしてください。
意外に核心に触れてたりします^^



TAとは・・・
タイムアライメント、タイムコレクションと色々な呼び方がありますが、全て同じ目的のための物です。
車載環境では、各スピーカーと等距離にリスナーが居られないため、スレテオ再生装置としては致命的な欠陥があるとも言えます。
スピーカーとリスナーの距離も近く、これも各スピーカーの距離差の比率を大きくする要因となっています。

この距離差を無くし、各スピーカーから発せられる音波がリスナーの耳に届く時間を補正するのがTAの仕事です。
決して万能ではなく、ただそれだけのために使用される機能です。

ステレオ再生装置としての最低限の基準を満たしてくれるため、TA補正による効果は大きく、定位感や音場感だけでなく聴感での情報量も上がりますし、レスポンスもよくなります。


ここで重要なのは「定位は目的ではなく結果」ということです。


今までTAをいじってきた人ですと、どうしても定位って気になっちゃいますが、この時点から以降全く気にしないってレベルにならなければ、TA調整を含めこの先の調整がややこしくなっちゃいますので、是非とも定位は頭から完全排除してください^^
目的は音楽が気持ち良く聴ける音に仕上げることです。
その為には、誤った使い方をしないように、当たり前のことを当たり前にするだけです^^

効果は大きい割に機能自体は至ってシンプルなので、知らず知らずのうちに味付けや音色調整って感じで使用してしまいがちですが、TAはそんな万能ではないために、ここでの過大解釈は後々しっぺ返しが来ますので、くれぐれも基本を逸脱しないようにしてください。




hakei

まず上の図を見てください。
これは音の様子を何とかして眼に見える形で表現したもので、これをフーリエ変換って言います。
音をフーリエ変換すると、音を耳ではなく目で認識出来るようになります。
フーリエ変換自体は音に関してだけでなく様々ありますが、共通してるのは横軸が時間であることです。

図の山の部分は、時間の経過により音が立ち上がり緑の線まで戻る様子です。
スピーカーの動きに置き換えると、コーンが時間の経過につれ前に出て、元に戻るまでです。
谷の部分は、その全く逆です。

スピーカーが出て、引っ込んで、元に戻るまでが一つの周期です。
この一つの周期に、どのくらいの時間がかかったのかで周波数が来まります^^


それでは本題です。
赤線と黒線がありますが、赤が左のスピーカーから発せられた音、黒が右のスピーカーから発せられた音とします。

先ほど図の横軸が時間だということを説明しましたよねー
赤と黒の線がダブらず離れているってことは、双方に時間軸のずれが生じている状態が分かると思います。
この時間のずれ分だけを補正してあげるのが、TA調整になります。

実際のズレを聴感で計測するのはほぼ不可能ですので、実際の調整は各スピーカーまでの距離を測り、その距離差で時間のズレを補正します。


手順はいたって簡単♪

1.メジャー(出来る限りごついのが使いやすいです)を用意し、リスニングポジションに座る。
2.Rスピーカーは右耳からユニットまで、Lスピーカーは左耳からユニットまでを計測しメモします。
3.補正値の表示が距離であれば、そのままの数値を入力し、時間であれば距離に置き換え入力します。

ただこれだけで良いです^^
これ以上はする必要がありませんし、しないほうが良いです。

初歩の・・・でも書いたように、音は時間のズレだけでなく、音の大きさでも音や定位は変化しますので、ここで都合よく全てのファクターに対して対応してしまうと、時間軸がずれた状態で今後の調整を行わなければならなくなり、無駄に調整が難しくなるばかりか、何時まで経っても良い音になりません。。。



良くTAで位相を揃えるって話を聞きますが、TAでは位相は揃いません。
下記の図を見てください。

位相ずれイメージ

これは位相ずれのイメージです。
黒い点がまさに位相がずれている様子です。
本来左端の点からスタートしなければならない波形が、途中にある点からスタートしてしまうんです。
この状態をTAだけで補正するとすれば、縦方向は完全に無視し、横方向だけを補正する形となり、この二つの波形は重なることはありません。

全く別次元のおはなしですので、TA調整時にはとりあえず位相は全く無視してください^^



スポンサーサイト
音の迫力を求めて、リアスピーカーを外さない人って沢山いますよねー^^
それに後部座席に人を乗せた時なんかは、わいわいみんなで話をしながらドライブって感じの時が多いと思います。
こんな時って音楽って結構小さい音にするので、後部席の人にまで音楽が聴こえなかったりってこともあります。。。

そんな場面ではリアスピーカーは大活躍です♪





が、





しかし。。。





ハイエンドな連中は、リアスピーカーは邪道だの、音が悪くなるだのって事を言います。

なんだかちょっと気になりますよねー^^;





実はある意味大正解なんです。
例えば誰もがオーディオにかけられる費用が無限にある訳ではないですので、限られた費用を割り振ると、どうしてもフロントスピーカーにかけられる金額が減ってしまいます。。。
スピーカーって私達が聴いてるまさに「音」を扱う機器ですので、ここでのコストダウンは正直痛いです。。。

これがリアスピーカーのことは考えずに、フロントスピーカーだけに資金を投入出来れば、ぶっちゃけ音ってめっちゃ良くなります!




でもみんなで乗ってる時は、後部席の人も良い音で聴いてもらいたいって気持ちもありますよねー。。。




って事で、リアスピーカーの楽しくて音も良くなる使い方を紹介しちゃいます!

とりあえずまだスピーカーを購入前って方は、一旦リアスピーカーの存在を忘れて、その資金をフロントスピーカーにぶち込んじゃってください♪

これでまず、要となるフロントスピーカーのグレードが上がりましたよね^^
で、リアスピーカーはとりあえず純正で頑張ってもらう!



実はこれ結構知られていない裏技なんです♪



後部席に乗ってる人って、実はフロントスピーカーの音も聴いてるんです。

後部席の人に「音がでかい」とか「リアの音小さくして!」って言われたことないですか?

あるっしょ!


後部席の人はフロントの音も聴いてるので、音がでかく感じちゃうんです。







って事は、、、
リアスピーカーは小さい音のほうが良いってことなので、フロントよりも負担は減りますよねー
これならとりあえず純正でもいけちゃいますよね^^
どうしても不満が残る場合は、また資金が出来たときにでも購入すれば良いですし、その時はあまり高いものでなくとも良いってことになります♪








で、こんな使い方をすると、実はもう一つおまけが付いてくるんです!!!!!!
運転席で聴いてる音が良くなっちゃうんです!!!!!!




リアスピーカーをとりあえず考えないことで、フロントスピーカーに資金を集めることが出来ましたので、フロントのクオリティーはめっちゃ上がってますよね♪
そこへ更にもう一捻りスパイスを加えちゃいましょう!



先ほどリアスピーカーは思ったよりも小さな音で良いって書きましたが、そこから更に小さくしちゃいます。
調整はデッキのフェダーで出来ると思います。

そのフェダーでリアスピーカーの音を一旦全部絞り、徐々に上げてゆきます。
リアスピーカーの音がなんとなくなってるのが分かる一歩手前くらいが、ベストポイントです。



実際音を聞きながら調整してると、フロントの定位がすっと中央に集まるポイントがあると思います。



何を隠そうこれって、リアスピーカーを簡易的なリアフィルとして使っちゃう高等な技法なんです^^



後部席に人を乗せるときはちょっと大きめ。
一人に時はリアフィルとして機能させちゃうと、あほな純正スピーカーでも結構良い仕事をしてくれます。




お試しあれー♪
最近の車載機は非常に多機能で、何がなんだかわかんないって方も多くいると思います。

って事で、今回はタイムアライメントについて書きます。
使い慣れてきたり、機器レベルが上がってくるとまたちょっと違う意味合いになってきますので、あくまで何が何だかわかんないって方のために向けての記事です^^



TAとは車載機ならではの機能で車載特有の環境を上手に補正してくれる機能です。
難しいことを言い出せばきりがないので、楽しくざっくり弄っちゃう方法を紹介しますね♪

なんとこれ!定位が自在に操れちゃうんです!!!!!!!!!
定位ってのは、例えばメインボーカルって殆どの場合中央で歌ってますよねー
ところが車で聴くとボーカルは運転席の足元だったり、右縁にへばりついちゃってしまってて、なんだかよろしくない感じです。。。
こんな状態の音がTAとはを使えば、運転席正面、車両中央、助手席スペシャルなんて贅沢な使い方もできます^^


使い方は簡単!TAとは調整画面で助手席側の数字をどんどん増やしてゆくだけ♪
右にへばりついてた音が、徐々に助手席側に移動します。

運転席正面で止めたり、車両中央で止めればドラーバースペシャル!
それを右左反対の数値に入れ替えれば、助手席スペシャルになります^^

大好きな彼氏や彼女のために、あえて助手席スペシャルにするってのも良いですよねー



色々弄ってると結構楽しいですし、めっちゃ音が良くなるポイントも有りますので、そこを探してみるのも良いですね。


TAとはは定位だけが良くなる訳ではなく、おまけで付いてくるものもあります。
それは綺麗できつくない高音と、ビシビシ腹に来るような低音です。
これは定位をいじっているうちに、左右のスピーカーが上手に混じりあい音質が改善されちゃうんです♪

ハイエンドなシステムが出している、物凄い低音はTA調整もバッチリ決まっていることが多いです。




で、せっかくなのでもう一つ音が良くなる調整法を紹介しちゃいます。



上記のような手順でTAを調整しましたが、今度はそれを左右の音量バランスでやってみます。
TAで定位が動いた感じを覚えておいてから、一旦TAはリセットしちゃって下さい。



デッキのバランス調整で、左右に動かしてみます。
するとそれに伴い定位も左右に動いちゃうんです!!!!!!!


これってTAとそっくりな現象ですよねー


で、動くのが確認できたら、自分の思うところでバランスさせてみてください。




どうです?
TAを顔負けの音になったでしょー^^


でも、ちょっと気になる部分もあると思います。
音が全体的に左に寄ってしまってるはずです。。。




これ頂けないですよね^^;;;





実はTAで定位が動く仕組みと、バランスで音が動く仕組みって全く違ったりするんです。
なので、TAで調整で定位を動かした時と、バランスで定位を動かした時では結果が異なっちゃうんです。。。
よく聴いてみると、TAで調整したときの音も反響音や残響がちょっと変な部分があります。




じゃあどうすんだよ!
って話になりますよねー^^;



整理してみると・・・

・TAでも定位は動く
・バランスでも定位は動く
・でもどちらも変な部分がある

って事で、良いとこどりしちゃいましょう♪



二つの機能を駆使し、定位が上手く収まる部分で、音全体もよじれていないポイントを探します。
ツイーターがミラー裏やピラー周辺等についている車両は、デッキのトレブルで高域をほんのちょっと上げてあげると良いかもです。


これでかなりいけてる音になっちゃいますよー♪


助手席スペシャルは、運転席で調整した数値を左右逆にすれば出来ちゃいます^^

初めてのEQを調整 STEP2

例題はクリアーできましたでしょうか^^

実は例題はクリアーできなくてもぜんぜん構わないんです^^;
インストールやシステムの問題で、動かないところは動かなかったりしますし、車両により環境はまちまちですので全ての場合でヒントを元に調整しても上手く行く訳ではないんです^^;


重要なのはある目的を持って調整し、その効果がどう出るかってことです。


例題のような音にならなくても、一生懸命やった人なら色々発見があったと思います。
それを調整に生かしちゃえば良いんです^^
とにかくグリグリいじって、沢山発見しちゃってください^^


ということで、今回はもう一歩進んだEQ調整をご紹介します。


テーマは「すべての音を真ん中に集めちゃいましょう!」です。
多くのハイエンドシステム搭載車両がそうであるように、自分の車もびしっと真ん中に定位を作っちゃいましょう♪
これは左右独立で調整できる機種の場合は、左右別でいじることになります。
左右独立でいじれない機種は、左右のバランス調整を併用します。


まずは実験!
TAも調整で体験した方も多いと思いますが、定位ってのはある程度操作出来ちゃうんです。
実はこの定位、左右の音のレベルでも操作出来ちゃうんです♪

と、その前にやっておかなければならない事が一点。
タイムアライメントの設定値が、実測(メジャーで測った数値)以外で設定してる人は、必ずメジャーで測った数値に設定してください。


TA値を直したら早速実験開始!
左右のバランス調整で、どちらかに大きく振ってみてください。
ボーカル物で試すとわかりやすいかもです。
左右に振るとそれに伴いボーカルも徐々に移動するのが分かると思います。
これは音の大きな方に音源を感じるって特性が人にはあるからです。
こんな特性を利用しちゃいましょう!


次は準備。
まずはモノラル音源を確保します。
実はこれちょっと厄介です^^;

通常CDのほとんどがステレオです。
一部意図的にモノラルで録音されているものや、古い音源をCD化しているものがありますが、これを見つけるのは大変です。。。
AMラジオを代用しても良いのですが、ナローレンジなので出来ればちゃんとした音源を使用したいです。
ipod/iphoneをお持ちで、車両で鳴らせる環境したら、ituneの環境設定から読み込み設定(CDからitune)でモノーラルが選択できますので、ipod/iphoneに取り込んでおくかituneよりCDを作っておくと良いです。
CDに焼く場合はスマホやipodがなくても大丈夫ですよね。
一部のipodでは「設定-再生」からモノラルを選択できますので、そちらが利用できます。
他のスマートフォンでも可能かもしれませんが、情報を持っていませんので自力で調べてみてください^^;
上記の環境にない方は、AMラジオで代用します。
音源は良質な女性ボーカル等が良いと思います。

次に音を集める場所をマーキングします。
フロンントガラスに任意で音をまとめる場所の目印を付けます。
場所は運転席正面と、車両センターの中間くらいが良いと思います。
高さは目の高さです。
出来れば直径1cm程の大きさの丸いシールを上記の位置に貼ってください。
シールは100均等でも入手できますし、紙をテープで張っても良いです。


準備ができたら実践です♪
モノーラル信号を再生すると、本来は全ての音が定位すべきところに点レベルで定位しますが、車両環境はかなり過酷な状態ですので、まともな状態であっても歪んだビーチボールくらいの大きさになってるはずです。

これをちゃんと整った丸いドッチボール、出来ればもう少し小さなソフトボール程度の大きさまで絞り込んでゆく作業です。


手順1
まずはデッキのバランス調整で、低域あたりのバランスを調整します。
低域は高域に引っ張られてしまいがちですので、ここでは定位ではなく左右のパワーバランス的なことに注意して調整します。
バスドラでしたら定位ではなく、音の密度感、パワー感が多少右寄りにあると思いますので、バランス調整で1クリックか2クリックまでの間で良いところを探ります。

手順2
女性ボーカールの声に注意して聴き込み、音程により左右にふられる部分を探ります。
振られる部分が確認できたらその周波数を800Hz以上の何処なのかを探ります。
右に振られる場合は左を下げ方向で、800Hz程度から順に高い方へ移動してみて、変化があった部分を調整します。
これをなんども繰り返してみます。

手順3
次はシンバルや、ドラム、他の楽器も左右にふられる部分を探して調整します。

手順4
今度は上下に振られる音を探します。
ここでの調整も800Hz以上だけをいじります。
上下方向の調整は、左右同調しての調整です。
上にふられる音は下げ方向、下に振られる音は上げ方向で調整してください。

手順5
通常のCDにを再生し、STEP1で鍛えた腕を信用して嫌な音をなくし、楽しい音に仕上げます。

手順6
再度手順1から繰り返し確認してゆきます。


左右独立でいじれない方は、左右同調での上げ下げでも多少定位は移動してくれますので、頑張って調整してみてください^^
Twitter(ツイッター)の機能、TwitCasthing(ツイットキャスティング)を利用し、イベントライブ中継、オフ会ライブ中継、ショップ訪問、インストール実況、調整実況、その他の配信を開始いたします。

動画配信時には、PC、iphone共に見てる側からもコメントが送信できますので、リアルタイムでの質問やリクエストも送ることが出来ます。
また、録画したものを配信できるようなので、ライブ中継の再配信も予定しています。

配信予定はこちらの日記及びmixiカーオーディオ何でも相談室内トピックにて発表いたしますので、お見逃しなく!!!!!!!




【ご利用方法】
http://twitcasting.tv/
にアクセス頂き、ログインします。
ログインは、Twitter/mixi/Fecebookのアカウントを持っていれば、ログイン出来ます。
※ログインしなくても見れるようです。

ドテラのTwitterアカウントは「CNS_dotera(シーエヌエス アンダーバー ドテラ)」ですので、検索から探してください。
ツイッターのアカウントを持っている場合、CNS_doteraをフォローして頂く事で、より便利に使えると思います。
フォローしていただけた場合、順次こちらもフォロー致します。


PCの他、スマートフォン、一部の携帯でも閲覧可能です。
上記のアドレスにアクセス頂き、PC同様ログインしてください。
iphoneの場合、ツイキャスビューアをAPPストアからインストールする事で、手軽に利用できます。
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

ドテラポット

Author:ドテラポット
mixi「カーオーディオ何でも相談室」管理人のドテラポットです。

基本バカですので、記事も参考程度として下さいね^^;
それと誤字脱字はドテラのトレードマークみたいなものですのでお気になさらず脳内変換してお楽しみ下さい♪

フリーエリア

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。