ドテラのカーオーディオ日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

comments: deny  trackback: deny
ここでは調整テクニックとか環境以前に覚えておくべきことを書いてみます。
知ってる方は周知のことと思いますが、知らないって方には目からうろこ的なことだと思います。



ボリュームについて。



調整時のボリュームってどうしてますか?
あまり気にしてない方は、以外に適当に設定してる場合があると思います。
でもこれって結構致命的かも知れません。。。


CDってそれぞれ録音時のレベルが違うことは周知のことと思います。
録音レベルが小さければ、試聴時にボリュームを上げ、大きければ下げます。
実はこの作業が非常に重要な事だったりします。

自分の好みの音量になるよう”調整”してるんですが、これを音決めの際のルーティンに組み込みましょうってのが今回のテーマです。



な~んでか!



例えば、コンビニで買ったおにぎり。
冷たいので温かくするためにレンジでチンします。
チンする時間が短いと、冷たい所が残ってたり十分温まってなかったりします。
逆に長過ぎると、炊きたての御飯よりも熱くなっちゃって食べられないどころか、なんか危機感とか違和感を感じます。

レンジが出来たての料理を再現する装置であるとすれば、特に米粒とか中の具を変質させたわけではないにも関わらず、温度を間違えただけで、出来たてのおにぎりを再現するのに失敗しちゃってるってことですよね~。。。

これ、オーディオに置き換えると、ボリューム間違っただけで音楽再生に失敗しちゃってるってことなんです。
例えば必要以上にボリュームを大きくすると、ありえない大きさでヴァイオリンが鳴りだしたり、下手をするとダイナミックレンジを大きく超える音量が潰れてしまったりってことがあります。
こうなるとまともに音を調整するなんて到底無理な状況になっちゃいます^^;



って事で、調整時に使用するリファレンスディスクに関しては、予め調整時のボリュームを決めておく必要があります。



やり方は簡単!
ホームのシステムや最悪ipod等のポータブルプレイヤー+ヘッドフォンでも構いませんので、調整に使用する曲を聴きます。
ボリュームを上げてゆくと、ボリュームが小さくて消えてしまった音がどんどん出てきます。
楽器の音、声、ホール、空気等の情報がボリュームに比例しどんどん上がってきます。
で、ある所で飽和し、もっと上げてゆくと音が潰れて来るのを感じ、更に上げると温め過ぎたおにぎりのような不自然な音に変わります。

次はそこからボリュームを下げてゆきます。
おにぎりが適温になり、音の潰れもなく情報量も多くなります。
で、情報量が損なわれないギリのラインで止めます。





ここがこの楽曲の最適ボリュームです。

重要なのは、このボリュームで調整をすること。





コンテストなどではこのボリュームで調整すると良い結果になりますし、再生機器としては最良のコンディションだと言えます。

そりゃそうです!
機器なりの音が全て綺麗に出てる状態なんですから♪


ちょっと気にしなきゃなんないのは、調整の段階で全体のボリュームが変化することがあります。
ただ単に音圧って話じゃなく位相とか色々関係してます。
なので、調整を終えた後に再度ボリューム調整し、ボリュームが変わってた場合は、再度微調整の必要があります。

こんな手順で調整されたシステムは、最適ボリュームになると明らかに情報量が上がります。
逆にこの手順を踏んでいない場合、ボリュームにより情報量が上がる所が変わり、美味しいボリュームが存在しない状態になります。






と、ここまで来て思うのが”何でそうなるの?”ってことだと思います。

車って反射とか反射とか反射とか、定在波とか定在波とか定在波とか、吸音だとか吸音だとか吸音でものの見事にグッチャグチャになってます。
で、例えば定在波の影響でディップが出ちゃってる場合、ボリュームを上げることでもっとディップが出ます。
ピークが出てる場合は、ボリュームを上げたぶんの倍、倍と大きくなります。
って事はせっかく調整し整えた音が、ボリュームによりどんどん崩れてゆくことになります。



で!



コンテストとかどうでもいいんだよ~
俺は好きな曲を好きなボリュームで聴きたいんだよ~!


って方!

正解♪


好きな音楽を好きな様に聴けるのがオーディオの醍醐味♪
特にロックとかJ-POPみたいに、打ち込み系が多かったり、大音量で気持ち良く聴きたいって場合や、BGM的に聴くのでボリュームがでっかいと邪魔って人には上記のような調整方法だと好みじゃないですよね~^^;


そんな方は聴きたいボリュームで調整をするだけでよいです。
その代わりこのリファレンスディスクの音量は確実に固定してください。
もちろん聴くときも同じ音量。
ディスクが変われば聴感で同じような音量になるようにすればいいですし、ちゃんと調整すれば「お!ここだな!」ってボリュームがわかります^^

ちょっとだけ弊害を書いときます。
大音量で調整したシステムを小さなボリュームで聴くと、とても悲しい感じになります。
小音量で調整したシステムを大きなボリュームで聴くと、とても暑苦しい音になります。

調整パラメータをメモリー出来る機種をお使いの場合は、幾つかセッティングしとくと良いかもですね♪
スポンサーサイト
初歩のカーオーディオでも、同じタイトルでブログをあげていますが、こちらではオーディオとガッツり向き合う人のための調整方法をご紹介しますね^^


初歩のカーオーディオでは、TAは万能な調整機能として紹介しましたが、こちらでは本来の使い方を軸に書いてゆきますので、あちらで書いたことは一旦全て忘れてください。気軽にカーオーディオと付き合いた行って方は、こちらの記事は見ないほうが迷わなくて済みます♪
逆にガッツリ付き合いた行って方は、こちらだけでなく初歩のカーオーディオでの記事も、是非とも参考にしてください。
意外に核心に触れてたりします^^



TAとは・・・
タイムアライメント、タイムコレクションと色々な呼び方がありますが、全て同じ目的のための物です。
車載環境では、各スピーカーと等距離にリスナーが居られないため、スレテオ再生装置としては致命的な欠陥があるとも言えます。
スピーカーとリスナーの距離も近く、これも各スピーカーの距離差の比率を大きくする要因となっています。

この距離差を無くし、各スピーカーから発せられる音波がリスナーの耳に届く時間を補正するのがTAの仕事です。
決して万能ではなく、ただそれだけのために使用される機能です。

ステレオ再生装置としての最低限の基準を満たしてくれるため、TA補正による効果は大きく、定位感や音場感だけでなく聴感での情報量も上がりますし、レスポンスもよくなります。


ここで重要なのは「定位は目的ではなく結果」ということです。


今までTAをいじってきた人ですと、どうしても定位って気になっちゃいますが、この時点から以降全く気にしないってレベルにならなければ、TA調整を含めこの先の調整がややこしくなっちゃいますので、是非とも定位は頭から完全排除してください^^
目的は音楽が気持ち良く聴ける音に仕上げることです。
その為には、誤った使い方をしないように、当たり前のことを当たり前にするだけです^^

効果は大きい割に機能自体は至ってシンプルなので、知らず知らずのうちに味付けや音色調整って感じで使用してしまいがちですが、TAはそんな万能ではないために、ここでの過大解釈は後々しっぺ返しが来ますので、くれぐれも基本を逸脱しないようにしてください。




hakei

まず上の図を見てください。
これは音の様子を何とかして眼に見える形で表現したもので、これをフーリエ変換って言います。
音をフーリエ変換すると、音を耳ではなく目で認識出来るようになります。
フーリエ変換自体は音に関してだけでなく様々ありますが、共通してるのは横軸が時間であることです。

図の山の部分は、時間の経過により音が立ち上がり緑の線まで戻る様子です。
スピーカーの動きに置き換えると、コーンが時間の経過につれ前に出て、元に戻るまでです。
谷の部分は、その全く逆です。

スピーカーが出て、引っ込んで、元に戻るまでが一つの周期です。
この一つの周期に、どのくらいの時間がかかったのかで周波数が来まります^^


それでは本題です。
赤線と黒線がありますが、赤が左のスピーカーから発せられた音、黒が右のスピーカーから発せられた音とします。

先ほど図の横軸が時間だということを説明しましたよねー
赤と黒の線がダブらず離れているってことは、双方に時間軸のずれが生じている状態が分かると思います。
この時間のずれ分だけを補正してあげるのが、TA調整になります。

実際のズレを聴感で計測するのはほぼ不可能ですので、実際の調整は各スピーカーまでの距離を測り、その距離差で時間のズレを補正します。


手順はいたって簡単♪

1.メジャー(出来る限りごついのが使いやすいです)を用意し、リスニングポジションに座る。
2.Rスピーカーは右耳からユニットまで、Lスピーカーは左耳からユニットまでを計測しメモします。
3.補正値の表示が距離であれば、そのままの数値を入力し、時間であれば距離に置き換え入力します。

ただこれだけで良いです^^
これ以上はする必要がありませんし、しないほうが良いです。

初歩の・・・でも書いたように、音は時間のズレだけでなく、音の大きさでも音や定位は変化しますので、ここで都合よく全てのファクターに対して対応してしまうと、時間軸がずれた状態で今後の調整を行わなければならなくなり、無駄に調整が難しくなるばかりか、何時まで経っても良い音になりません。。。



良くTAで位相を揃えるって話を聞きますが、TAでは位相は揃いません。
下記の図を見てください。

位相ずれイメージ

これは位相ずれのイメージです。
黒い点がまさに位相がずれている様子です。
本来左端の点からスタートしなければならない波形が、途中にある点からスタートしてしまうんです。
この状態をTAだけで補正するとすれば、縦方向は完全に無視し、横方向だけを補正する形となり、この二つの波形は重なることはありません。

全く別次元のおはなしですので、TA調整時にはとりあえず位相は全く無視してください^^



初めてのEQを調整 STEP2

例題はクリアーできましたでしょうか^^

実は例題はクリアーできなくてもぜんぜん構わないんです^^;
インストールやシステムの問題で、動かないところは動かなかったりしますし、車両により環境はまちまちですので全ての場合でヒントを元に調整しても上手く行く訳ではないんです^^;


重要なのはある目的を持って調整し、その効果がどう出るかってことです。


例題のような音にならなくても、一生懸命やった人なら色々発見があったと思います。
それを調整に生かしちゃえば良いんです^^
とにかくグリグリいじって、沢山発見しちゃってください^^


ということで、今回はもう一歩進んだEQ調整をご紹介します。


テーマは「すべての音を真ん中に集めちゃいましょう!」です。
多くのハイエンドシステム搭載車両がそうであるように、自分の車もびしっと真ん中に定位を作っちゃいましょう♪
これは左右独立で調整できる機種の場合は、左右別でいじることになります。
左右独立でいじれない機種は、左右のバランス調整を併用します。


まずは実験!
TAも調整で体験した方も多いと思いますが、定位ってのはある程度操作出来ちゃうんです。
実はこの定位、左右の音のレベルでも操作出来ちゃうんです♪

と、その前にやっておかなければならない事が一点。
タイムアライメントの設定値が、実測(メジャーで測った数値)以外で設定してる人は、必ずメジャーで測った数値に設定してください。


TA値を直したら早速実験開始!
左右のバランス調整で、どちらかに大きく振ってみてください。
ボーカル物で試すとわかりやすいかもです。
左右に振るとそれに伴いボーカルも徐々に移動するのが分かると思います。
これは音の大きな方に音源を感じるって特性が人にはあるからです。
こんな特性を利用しちゃいましょう!


次は準備。
まずはモノラル音源を確保します。
実はこれちょっと厄介です^^;

通常CDのほとんどがステレオです。
一部意図的にモノラルで録音されているものや、古い音源をCD化しているものがありますが、これを見つけるのは大変です。。。
AMラジオを代用しても良いのですが、ナローレンジなので出来ればちゃんとした音源を使用したいです。
ipod/iphoneをお持ちで、車両で鳴らせる環境したら、ituneの環境設定から読み込み設定(CDからitune)でモノーラルが選択できますので、ipod/iphoneに取り込んでおくかituneよりCDを作っておくと良いです。
CDに焼く場合はスマホやipodがなくても大丈夫ですよね。
一部のipodでは「設定-再生」からモノラルを選択できますので、そちらが利用できます。
他のスマートフォンでも可能かもしれませんが、情報を持っていませんので自力で調べてみてください^^;
上記の環境にない方は、AMラジオで代用します。
音源は良質な女性ボーカル等が良いと思います。

次に音を集める場所をマーキングします。
フロンントガラスに任意で音をまとめる場所の目印を付けます。
場所は運転席正面と、車両センターの中間くらいが良いと思います。
高さは目の高さです。
出来れば直径1cm程の大きさの丸いシールを上記の位置に貼ってください。
シールは100均等でも入手できますし、紙をテープで張っても良いです。


準備ができたら実践です♪
モノーラル信号を再生すると、本来は全ての音が定位すべきところに点レベルで定位しますが、車両環境はかなり過酷な状態ですので、まともな状態であっても歪んだビーチボールくらいの大きさになってるはずです。

これをちゃんと整った丸いドッチボール、出来ればもう少し小さなソフトボール程度の大きさまで絞り込んでゆく作業です。


手順1
まずはデッキのバランス調整で、低域あたりのバランスを調整します。
低域は高域に引っ張られてしまいがちですので、ここでは定位ではなく左右のパワーバランス的なことに注意して調整します。
バスドラでしたら定位ではなく、音の密度感、パワー感が多少右寄りにあると思いますので、バランス調整で1クリックか2クリックまでの間で良いところを探ります。

手順2
女性ボーカールの声に注意して聴き込み、音程により左右にふられる部分を探ります。
振られる部分が確認できたらその周波数を800Hz以上の何処なのかを探ります。
右に振られる場合は左を下げ方向で、800Hz程度から順に高い方へ移動してみて、変化があった部分を調整します。
これをなんども繰り返してみます。

手順3
次はシンバルや、ドラム、他の楽器も左右にふられる部分を探して調整します。

手順4
今度は上下に振られる音を探します。
ここでの調整も800Hz以上だけをいじります。
上下方向の調整は、左右同調しての調整です。
上にふられる音は下げ方向、下に振られる音は上げ方向で調整してください。

手順5
通常のCDにを再生し、STEP1で鍛えた腕を信用して嫌な音をなくし、楽しい音に仕上げます。

手順6
再度手順1から繰り返し確認してゆきます。


左右独立でいじれない方は、左右同調での上げ下げでも多少定位は移動してくれますので、頑張って調整してみてください^^

初めてのEQ調整 STEP1

と言う事で実践です♪

タイトルどおり、まだEQ調整に慣れていない方のための記事です。
とりあえず操作や調整に慣れるまでは、楽しくぐりぐりいじって行きましょう^^



※まだ慣れていないって方は、他のEQに関しての記事は完全に無視してください。


【目的】
嫌な音を抑えて、楽しい音に仕上げてゆきます。
「はじめに・・・」で書いた事も、とりあえず忘れてOK!
まずはいじってみて、嫌な音を減らし、楽しい音を増やす作業です。
判断基準は自分お好みでOK!
だって自分の車だもんねー♪


【アウトライン】
自分好みの音になるように調整します。
元気な音が隙だったら何処をどういじったら元気な音になるのか、きれいな音が好きなら度したら綺麗な音になるのかって事を好き放題にいじります。
調整により、色々な音が作れますので、最初は操作になれることを重点的に、とにかくいじり倒してください。


【例題】
1.元気の良い音を作ってみましょう!
(ヒント)重低音が効いた音が好きな方は多いと思いますが、試しに低域側のどこかを下げてみてください。
20Hz~400Hzまでの間で探してみてください。
思い切って下げる事も重要かも!
反対に高域はどこかをちょい上げで調整してみてください。
4kHz~10kHzまでの間で探してみてください。
調整箇所は複数でかまいません。

2.綺麗な音を作ってみましょう!
(ヒント)
20Hzを思い切って下げてみます。
2kHzから上の何処かを思い切って下げてみましょう。

3.ラウドネスを入れた音と同じにしてみましょう!
(ヒント)低域側は80Hzから下を上げ方向。
それ以上500Hzまではちょい上げ。
高域側は5kHzから上を上げ方向で調整します。
EQフラットでラウドネスを入れたときの音を、しっかり覚えてから調整してみてください。

4.思い切って悪い音を作ってみましょう。
(ヒント)高域がきつい場合は、2kHzから上の何処かを上げてみます。
低域が物足らない場合は、250Hzから下の何処かを下げてみます。
更に80Hzから下は、下げ方向最大値にします。

5.女性ボーカルの年齢を操作しちゃいましょう!
(ヒント)200Hzから300Hzの間を、上げ下げしてみます。
更に1kHz周辺、5kHzから10kHz位も上げ下げしてみます。

6.重低音をカットしちゃいましょう!
(ヒント)100Hz付近から下を下げ方向前回にしてください。
重低音がなくなった分、100Hzから800Hzの間の何処か、音がこもらない所を上げてみましょう。
6kHz辺りから上は下げ方向、2kHzから4kHzの間は上げてみます。
最後に最大に下げた重低音を、ほんのちょっとだけ戻します。


車両やシステムにより音響は全く異なりますので、上記は参考程度に耳を頼りに調整してください。
コンディションによって、同じ事をしているつもりでも毎日結果が異なりますので、何度も繰り返し行ってください。
沢山の発見があるかもです♪



と、ここまでいじっているうちに、何か気付いた事があると思います。
それが何かってのは詳しくわかんなくても、感覚だけで覚えておけば良いです。
それが沢山発見できれば、自分の音を作る為にも役立つと思います^^

EQ調整 はじめに・・・

と言う事で実践です^^

ここでは全て共通する取扱説明書みたいな事を書きます。
感覚、視覚的にわかりやすいGEQですが、それだけでは良い結果が得られない事があります。
相手は機械ですので、許容範囲もありますし、感覚とのギャップも存在します。
こんな罠にはまらないよう、最低限の取扱説明書ですので、しっかりと覚えてくださいねー^^



【基本下げ方向の調整をしてください】
基本は下げとして、必要な部分を上げる事になります。
特にミドルクラスのデッキですと、ブーストするよりも下げた方が堅調に音が良い場合があります。

【上げ方向は+3デシ迄としてください】
上げ方向ではそれ以上上げてしまうと、その周波数だけ音が歪んでしまう事があります。
アンプへの負担増も想像以上ですので、3デシ上げても無理な場合は、インストールや他の部分の調整で何とかしてください。
どうしようもない部分も出てきますので、そのような場合は補正不可と割り切ってください。
機種やシステム環境によっても変化すると思いますので、3デシまで上げなくとも音が歪んでしまう場合は、歪まない程度に抑えてください。

【上げても変わらない帯域は放置してください】
定在波でやられちゃってますので、レベルを上げても変化は無いです。
それどころか上の帯域にも悪影響がありますし、アンプやスピーカーの負担も無駄に増えますので、上げても変わらない場合は、完全放置してください。

【調整時は上げ、下げ共に試してみる】
人間って実に複雑に作られているようで、単純に出すぎていると思われる帯域を落としても、良い結果にならない事が多いです。
逆に出すぎてると思われる帯域を上げてみると、すんなり治まってしまう場合もあります。
調整時は上げ下げ共に試すようにしてください。

【一箇所触れば他も変化します】
一度決まったと思われる周波数でも、他をいじるうちに全体が変化します。
全体がまとまるまでは全ての設定値は、暫定と思っててください。

【倍音/位相】
この二つ共にEQ調整では切っても切れない関係です。
ここで詳しくは書きませんが、とても難しいワードです。
音の仕組みを理解し調整するうえで、とても重要な事だと思いますので、しっかりと勉強してください。
EQはレベルだけでなく、こういったものも変化しますので、ここをある程度理解しておく必要があります。
私も完全に理解しているとは、間違ってもいえません。。。

【気になる周波数が本当はそこではないかも・・・】
上記の倍音を少しだけ覚えるとわかると思いますが、単純に思える音でも実は色々な周波数成分から成り立ってます。
気になる高域があったとしても、単純に高域を叩くのではなく、もっと低域側に問題がある場合があります。
最初はわからないと思いますが、気にしてるうちになんとなくわかってくると思います。


カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

ドテラポット

Author:ドテラポット
mixi「カーオーディオ何でも相談室」管理人のドテラポットです。

基本バカですので、記事も参考程度として下さいね^^;
それと誤字脱字はドテラのトレードマークみたいなものですのでお気になさらず脳内変換してお楽しみ下さい♪

フリーエリア

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。