ドテラのカーオーディオ日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

comments: deny  trackback: deny

more...
スポンサーサイト
今回はケーブルについて書いてみようと思います。
※前にも書いたことあるかも^^;


いわゆる 電線 です。


●オーディオを組もうと思いついた時、ここをどの程度重要視するかで、そのシステムの運命が変わると言って良いほど重要なのですが、なかなかお金が出しにくいといいますか、どうしても機器に予算を割きたくなってしまいますので、ケーブルにまで予算が周らず知らず知らずのうちにドツボにハマってしまってる方って意外に多いです。

■駄目なケーブルを使用してる場合。

トータル10万円のシステム→マイナス1万円程度の音
トータル30万円のシステム→5万円程度の音
トータル50万円のシステム→6万円程度の音

■良いケーブルを使用している場合。

トータル10万円のシステム→10万円程度の音
トータル30万円のシステム→30万円程度の音
トータル50万円のシステム→50万円程度の音

ちょっとびっくりするでしょ^^;
実はケーブルがしょうもないと、システム全体に大きな影響を与えてしまい、かけただけの投資に見合った音なんて出せないんです。
それどころか、投資額が大きくなればなるほどその影響は大きくなりますし、逆に小さいと純正以下の音になってしまうこともあり得る恐ろしい事態に陥ります。。。

で、ちょっと拍子抜けなのが、良いケーブル使ったとしても投資額程度の音しか出ないってこと・・・


そうなんです。
ケーブルってそれ以下でもそれ以上でもないんです

ですが、別の言い方をすれば最低限ちゃんとしとかないと、機器の本当の実力は出せないってことなんです。



●と、そう言われてもにわかに信じられないとか、さすがにそれは大げさでしょ~なんて思っちゃいますよね~^^;
なので、なんとなくでもイメージできるように理由を書いてみますね。

例えば光物がほしいよな~って事で、足元に小さな照明を付けてみることにします。
良い感じの所にLEDを付けて配線します。
この時に使用するケーブルって、照明に付属してるかなりチープな物を使用しますよね?
これを1m2万円の上等なケーブルに交換するとします。

別になんにも変化はないです・・・
明るくなることもないですし、なんだか高貴な光り方になったとかも無いです。。。

照明は光ることがお仕事ですし、そのお仕事ができるケーブルが使われていれば何も問題は無いですので、そのお仕事が可能である最低限のケーブルで良いんです。


例えば最近の車で採用されてることが多い、制御にマイコン制御を使ってるもの。
各所センサーが通信により情報がやりとりされてますが、このケーブルをもっと上等なケーブルに交換してみます。

別に何の変化はないです・・・
キビキビ動くようになるとか、誤動作が少なくなるとかって事もないです。

最低限動作に必要なクオリティーのケーブルが使用されてますので、間違いなく仕事ができてる状態です。


このようなケーブルを交換するのは”無駄”なことです。
だって何もメリットがないんだもん^^;


じゃあ、オーディオ用のケーブルのお仕事は何でしょう?
例えば純正のケーブル。
純正のオーディオは音が鳴ればお仕事を全うしてるって事になります。
なのでどんなケーブルが使用されてたとしても良いですし、それは欠陥ではありません。

でも、わざわざデッキやらナビやら、元からついてるものを交換してでも良い音が聴きたいって人にとってのオーディオって、ちゃんとした音質を確保出来てこそ、その仕事が全うできてるって話ですよね~♪


そうなんです!
ケーブルには用途があるんです!


大電力を送電するケーブルはぶっといです。
誤動作が許されない制御信号用のケーブルには、ノイズに強いものが使用されます。
豆電球光らせるためだけなら、ぼっさいケーブルで良いです。

どうでも良い部分にわざわざコストは掛けませんが、最低限の仕事が担保できる最低限のケーブルを使う必要があるんです。
オーディオ機器のお仕事は、音楽を再生すること。
それをわざわざアップグレードするってことは、より良い音質を欲してるってこと。


オーディオで使用するケーブルは”音質”が良いことが絶対条件なんです。



●じゃあ、良いケーブルに変えるとどんな音になるのか!

・音が良くなる!
 ^^;;;

・解像度が上がる!
ロックとかポップスって特にそうなるけど、大音量にするとガーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーってなるでしょ?
それがそうならなくなります。
元々派手な音楽ですので、ガーガーは言いますが、全部の音が潰れて耳障りなガーガーではなくなります。
心地よいですよ♪

・低音は力強く引き締まります!
低音いっぱい出したいから調整で出すでしょ?
そうすると、ぬーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん、とか
もーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーんってなるでしょ。
そうならなくなります。
ダンッ!ドンッ!ガンッ!ボカーン!ってなります。

・アーティストと仲良くなれた気がします。
今までよりも、より細かい表情が読み取れるようになりますので、まるで自分の目の前で、自分の為だけに歌ってくれてるような気がします。
吐息やブレスの音、繊細なビブラート、こんな状態の声が聴けるって現実では不可能ですよね~


勿論これはケーブルの手柄ではありません。
良いケーブルを使用することにより、機器が本気を出せる環境になったってことです。

こうなって初めて機器の良さが出ますので、もっと良い音にしたいってことであれば機器をグレードアップすれば投資なりの物が手に入ります。
逆に言えば、ここをちゃんとしておかないと、いくら投資してもほしい音は手に入りません。
強化合宿やっちゃいます!

合宿と言っても、泊まるわけじゃないです。
そこんとこはノリって事で♪
なんか気合い入るっしょ、"合宿"って響き^^;

カーオーディオはお店で施工してる人、DIYでやってる人と色々いますが、 実はお店では実現困難な事、DIYでは困難な事があったりします。

お店では確実な基礎を作り上げ間違いないシステムを作り上げられる反面、コストが大半が手間仕事となってしまう拘った部分はなかなかお客さんに勧められません。

一方DIYでは、手間暇かけ放題ですし、ガッチガチに拘った施工も可能ですが、今まで何千台、何万台と施工実績のあるお店施工と比べると、圧倒的にスキルが偏ってしまうのが現実です。


こんなんが勿体無いな~って事で、コミュで足りない部分を補填♪って思ってたんですが文字では限界がありましたし、オフ会ではちょっと趣旨が違うので、これまた伝わる事が少ない・・・


って事で足りないところを強化!!!


バックアップ体制は万全!
言わずと知れた全国区のコルトレーンさんのノウハウと、DIYの権化のドテラさん!
ま、後者は甚だ怪しいですが^^;

兎に角、伝えられる事は沢山あります!
※本イベントではコルトレーンさんの講義などはありません。





第一回は"ドア"について。

ここ間違ってたり、甘かったりって車が非常に多いです。。。
猛烈に勿体無い!!!!!!!

みんなもっと鳴るはずよ~!


DIYの人や、チンチクリンな所で施工された車両は、基本部分の確認。
お店施工やDIY上級者は、さらに良いエンクロにするためのドアデザインとそれを実現するためのネタ。

自分の車両のドアが診断できる程度までの基礎的な部分と、欠点箇所の改善、それ以上にするためのネタって所を重点的にやってみたいと思います♪



参加費はタダ!


この期にワンステップ、ツーステップ、スリーステップ上のドアを作っちゃいましょう♪

具体的な施工手順の説明とかはありません。
その代わり、自分で考え施工できるようになります~
ネタはあります!



開催日:2016年2月14日
時間:10:00~17:00
※途中参加不可、途中退場可
場所:コルトレーン内、屋内ピット
参加費:無料


=スケジュール=
11:コルトレーン00~:ドア作りの基礎的な部分。
13:00~:昼食(ドテラは近隣の中間屋に行きますので、一緒に行かれる方はどうぞー)
14:30~:前半にやった事を実現する為の手段、ネタ。
15:30~:フリータイム♪
車いじっても良いよ♪



先着1名のみ、外ピットで実験がてらデッドニングしちゃいます~
部材代のみで良いですが、持ち込んでくれても良いです。
条件としては、デッドニング未施工な車両に限ります。
詳しくはメッセ飛ばしてください~

誰もいない場合は、実験はなしで^^;
音が良いともっぱらの評判のハイレゾですが、実は様々な問題を抱えてます。
その内の幾つかは致命的とも言える問題ですので、ハイレゾ導入を予定されてる方は、この辺りも周知の上導入されると良いと思います。


1.ホントにハイレゾ???

私達ユーザーが気をつけなければならないのは、ズバリ!スペックです。
実はDSD、PCM両方共フルスペック対応してるものって非常に少ないです。
カーオーディオに限れば皆無だと思います。

騙されちゃいけないのは「ハイレゾ対応」ってワード。

「ハイレゾ対応だからコレにしよ~」なんて安易に決めちゃうと、後から後悔することになります。
実はハイレゾ対応に含まれるものは、ただ単にハイレゾファイルが再生可能ってだけってものがあります。
例えば”192/24ファイルに対応”と謳ってあっても、読み込みが可能ってだけで、実際はダウンコンバートしてますので、音質的には192/24ハイレゾの音質が十分活かせてるとはいえません。

フルスペックに対応してる場合は”ネイティブ再生可能”って表記になると思いますが、今のところカーオーディオ機器には存在しません。


2.それハイレゾファイル???

これはハイレゾの定義が曖昧ですので、ドテラもよくわかってないんですが、、、

例えば、、、
アナログレコードは「AAA」
古い音源をCDに焼き直してるものが「AAD」
古い音源をリマスタリングしてCDにしてるものは「ADD」
最新の設備で録音されてるCD音源は「DDD」

ざっくりと言えばこんな感じなんですが、見慣れないAADとかって記号の意味は「A」がアナログで「D」がデジタル。
最初のアルファベットが録音時の環境、次がマスターの形態、で、最終的な媒体の形態です。

この中で、真ん中のアルファベットが「A」の物は、マスターがアナログってことです。
アナログのスペックとしては、デジタルを下回るものとなり、これをハイレゾファイルにしたとして、本当にハイレゾって言っちゃって良いものなのか???

真ん中が「D」の物は、マスタリング時のビットレートはハイレゾ音質なの?ってのが気になります。
CD時代のマスタリングとしては、ハイレゾレベルのマスタリングはしてない気がします。
知ってる限りでは、CDよりもちょっとだけ高いDENONのPCM録音ですが、これを192にしたとして、ハイレゾと呼んでも良いのかな?

因みにハイレゾ音源では、この表記はしてないみたいです。




3.インフラ

最近ではLINEMusicやAppleMusicなど、ストリーミング(ダウンロードしながらの再生)が取り沙汰されてます。
定額で聴き放題ですので、色々な音楽を聴きたいって方には、ものすごく便利で手軽なサービスです。
これからの音楽再生では、どんどん伸びてゆくサービスだと思います。


ですが・・・

ハイレゾは現状では事実上配信不可能なんです・・・


ファイルサイズが大きなハイレゾでは、圧倒的に転送速度が追いつかないんです。。。
30分待ってやっと一曲再生されるとか・・・ありえないですよね^^;


4.音源が無い

これは致命的です。。。

「良い音で音楽が聴ければ、どんなアーティストでもいいや♪」

って方は稀だと思います。
ほとんどの方は、贔屓にしてるアーティストやジャンルがあり、それを聴くためにオーディオ装置を使います。
ですが、最近増えてきたとはいえ、CDに比べると致命的に音源が少ないです。。。
試しに、ご自分が贔屓にしてるアーティストの楽曲がダウンロードできるか確認してみてください。



5.加工できない

現在カーオーディオでは、タイムアライメントやクロスオーバー、イコライザーなどを駆使し、環境を整えて聴くのが主流になってます。
でも実はDSDファイルって加工できないんです。。。

って事は、タイムアライメントやクロスオーバー、イコライザーはかけられない。
って事は、ネイティブ再生不可能ってことです。

現実的にはDSDファイルをPCMファイルに変換し、それを加工ってことになるんでしょうけど、そうなっちゃうとDSDファイルじゃなくなっちゃいますよね^^;
PCMファイルであれば加工は出来るんですが、演算が追いつくのかな???



6.器

先ほどの話で、ストリーミングは現在現実的ではないって分かりましたので、事実上ダウンロードしたものを何処かに記録し、それを利用するってことになると思います。

例えばPCでHDDなりSSDなりに記録し、それを利用するんですが、カーオーディオの場合それを持ちださなきゃなんないです。
ですが、96/24でもCDの3倍ほどのサイズとなります。
最近のシリコンメディアは大容量ですので、何とかクリアできるものの、スマホなどでの使用となると、かなりメモリーを圧迫しちゃいます。。。



7.音質

ハイレゾを狙ってる方の多くが、高音質を手に入れたいって思いからだと思います。
確かにハイレゾ音源のスペックは、CDを遥かに上回ります。
少しでも良い音で!って思ってるユーザーには、まさに革命的な音源ですよね~

でも、ドテラの周りでは、ほんとにいいの?って思うような声が聞こえてきてます。


知人でホームやってる人がいるんですが、オーディオ専用と言っても過言じゃない家に、40畳以上のオーディオルーム、数千万円の機材って、よだれモノの環境で聴いてる方がいるんですが、その人曰く・・・

「CDの方がいいんじゃね!」

勿論CD環境の方が、良い機材を使ってますが、ハイレゾ(SA-CD)の機材だって、ドテラには到底購入不可能な機材使ってます。
それだけCD再生環境って熟成されてるって事でもあり、ハイレゾが機器のクオリティーを無視できるほど良いとは言えないんです。


8.コスパ

一定以上のレベルのハイレゾ環境を改めて作るとなると、結構な投資が必要となります。
で、投資したとして、聴く音楽も限られ、ストリーミングも駄目、ハイレゾフルスペックも駄目。。。

だったら、視点を変えてアナログ部分(アンプとかスピーカーとか、ケーブルとか)に投資をしたほうが、良い音になるんでないのかな???
って言うか、絶対こっちのほうがコスパは高いと思います。


9.汎用性

これも気になるところです。

ハイレゾって決まったメディアが無いですよね?
って事は、昔みたいにVHS対ベータとかって戦争がない。
戦争がないってことは、勝者がいない。

って事は、ずーと不確定要素を含んだままマーケットが展開され、例えば新しいフォーマットが出れば、またそちらに移行する。
この辺りは利権を求めて、以前よりも多くの人が争ってます。

で、それに振り回されるのはユーザー。。。

こんな危険な要素もあるんです。




10.核心

ここまで呼んでいただいた方の殆どが思ってると思いますが・・・



ややこしい!!!!!



これに尽きると思います。

だって、CDだったらAmazonでポチすれば、普通にCD音質が担保されますし、機材だって投資なし。
機材だって熟成されてますので、比較的安価なモデルでも結構良い音します。


実に単純明快!



と、色々と書きましたが、ドテラだって少しでも良い音で音楽を楽しみたいです。
音源の質だって重要ですので、ハイレゾだって大歓迎♪


でも、まだ時期尚早なんではないかと思ってます。
個人的には、これに振り回されるのは嫌かな~^^;


次はまとめ。
■ハイレゾの種類について。

先にも書きましたが、ハイレゾってCDよりも音が良いものすべてを指します。
正確にはCDよりも情報量が多いデータってことになりますよね。

アナログ音源データをデジタルに変換する方式は、大きく2つあります。
リニアPCMとDSDです。

リニアPCM方式とは、音楽CD(CD-DA)のように非圧縮が基本です。
詳しく知りたいって方は”リニアPCM”に関して調べていただければと思いますが、さらっと知っとくだけなら「~」な感じのアナログ波形を賽の目に切り刻み、縦にぶった切るのがサンプリングレート(○○kHz)で、1秒間に切り刻む数が決まり、横にぶった切るのがビット数(○○bit)で波形の大きさを刻みます。
これが細かくなるほど細かい表現ができたり、音がより自然な形で再現されます。
ハイレゾで高域の記録の上限が増える理由は、サンプリングレートの半分が高域の上限となるため、CDの場合は44.1kHzなので22kHz程度が限界に対し、例えば192kHzのハイレゾでは96kHzが高域の上限となるためです。


DSD方式も非圧縮が基本です。
リニアPCMと違ってサンプリングレートは桁違いに高いんだけど、ビット数が1ビットしか無い・・・
じゃあどうやって波形の大きさを表現できるのかというと、音の大きさを音量ではなく音圧として捉え、それをサンプリングレートを異常に細かくすることで記録してるってことみたいです。
正直ドテラもイメージが湧きません^^;
”1”か”0”しか無いので、デジタルアンプみたいなパルス増幅って感じです。
サンプリングレートが異様に高いですので、高域の上限もかなり高いです。




現在のところDSDの方が、より自然な音を再現できるようで、より高音質なのはDSDって方も多いです。
データサイズも比較的小さくすむようですし、音質としても良いんですが、DSDの場合データの加工が難しく、レコーディングの段階で結構厄介だそうです。
カーオーディオの場合、プロセッサで音を加工しますが、この段階でも問題になってきます。
この辺りが今後このフォーマットの課題になってきそうですね。



実はハイレゾにはもう一つ種類があります。
これを別にカテゴライズするべきかどうかはわかりませんが、便宜上ここでは分けることにします。

よりハイクオリティーな音を聴きたいってニーズに答えるためのハイレゾですので、当然非圧縮音源が基本となるように思いますが、先に書いたように、圧縮音源には可逆圧縮って方式があり、理論上は圧縮する前の状態に戻せるって方式です。
実はこの方式にもCD音源を超えるデータで記録されたものがあり、ドテラはこれをハイレゾと呼ぶべきなのか、ハイレゾ音質って濁すのかよくわかってないです^^;;;



次は、ハイレゾにまつわる問題。
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

ドテラポット

Author:ドテラポット
mixi「カーオーディオ何でも相談室」管理人のドテラポットです。

基本バカですので、記事も参考程度として下さいね^^;
それと誤字脱字はドテラのトレードマークみたいなものですのでお気になさらず脳内変換してお楽しみ下さい♪

フリーエリア

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。